ヴェサリウススイート VT

動物のMRI検査をもっと身近に

医療の多様化・高度化に伴い、現場の声に寄り添い開発しました。誰よりあなたの手で確かめてください。身近に感じていただけると思います。今までの広いスペースが必要といった常識を覆し、日本の病院事情にフィットさせた小型・軽量・省スペースでの設置が可能になった設計。更に、高画質・高機能のMRI診断装置です。

小型&軽量、省スペース設計
  • ガントリは開放感あるオープンタイプで、コンパクトボディ
    本体(ガントリー)質量約3.2トンの軽量さ
  • 大規模工事の必要性がなく、既存施設への導入ハードルを大幅低減
    幅96cm 奥行123cm 高さ131cmの小型本体サイズ
  • 直径3m以内に収まる5ガウスライン
    設置スペースが小さく、多くの病院でMRI設置が可能となります。

オープン型永久磁石タイプ採用
  • 読影に適した高画質
    高い基本性能のマグネットと傾斜磁場システムで、高画質な512マトリックスの撮影ができます。
  • 永久磁石式の採用
    低消費電力(4kVA)で、消費電力を節約します。
  • 保守プラン
    病院様に適したバリュープランをご提案します。
動物専用コイル
  • 適切なサイズ
    小型犬(猫)から中型犬までの部位に対応しています。
  • MRIコイル(大・中・小)を利用
    コイルのサイズにかかわらず、高いS/N比での画像が獲得できます。

コイルの直径
150mm(小)
180mm(中)
250mm(大)

撮像位置の変更が容易なスライドテーブル

コイル内部を貫通してスライドするテーブルに動物を乗せます。
スライドテーブルの位置移動で、撮像位置変更ができます

RFコイルは磁場中心に固定されるので、内側のスライドテーブルだけを手動で移動させるだけで、
例えば、

  1. 胸髄の撮像後、腰髄に移動する際も、撮像位置をスライドするだけで動物の位置を楽に調整できます。
  2. その際、RFコイルを開いて動物を再位置付けする手間が省けます。

そのため、普段の検査において、非常に便利なスライドテーブルです。

動物専用のマット

V字の谷間に動物が納まるため、左右にずれず安定したセッティングが可能です。

ストレッチャー代わりとなるテーブル

装置から離し、シールドルーム外に移動可能ストレッチャー代わりとして、麻酔などの撮像前準備等が可能です。撮像前準備完了後、テーブルを装置まで移動して撮像できます。

動物専用GUIのMRI装置(1)

読影しやすい画像表示方向に画像再構成するので画像回転不要

動物用GUIのMRI装置(2)

動物専用の画像方向表示

ヒト用のMRI ヴェサリウススイートVT
H(=Head 頭)
F(=Feet 足)
A(=Anterior 前)
P(=Posterior 後)
R(=Right 右)
L(=Left 左)

ヒトでは、頭の反対は足ですが、動物では、頭の反対は尾です。

動物用GUIのMRI装置(3)

去勢(Cast)、避妊(Spay)など、動物病院での運用に合わせたペット情報入力

検査開始前に、ペットの名前、ID番号、性別などを入力します。
ここで、性別は、オス、去勢、メス、避妊、その他の5種類から選択します。
簡単操作
  • 日本語表示
    1画面にアイコンや撮像関係を表示した使いやすい操作性で初心者でも操作ができます。
製品仕様
一般的名称 MR装置
販売名 ヴェサリウススイート VT
承認番号 27動薬第433号
撮像種別 スピンエコー、グラディエントエコー、高速スピンエコー、反転回復、MR アンギオグラフィ、拡散強調画像
スライス厚 0.4mm 〜 200mm
撮像領域 220 mm ×220mm×220mm 球(最大)
定格電源 相数:1φ(単相)
周波数 :50 / 60Hz
電圧 :200V AC
入力 :4kVA

ガントリ

磁石の種類 垂直型永久磁石
静磁場強度 0.235T
質量 3200kg